認定コーチについて

『ビジョンクリエイトコーチという無限の可能性に満ちたし・ご・と』

しごとはWORK 芸術 ともいえます。

「全て大理石の塊の中には予め像が内包されているのだ。彫刻家の仕事はそれを発見する事」「大理石の中には天使が見える、そして彼を自由にさせてあげるまで彫るのだ」。(Every block of stone has a statue inside it and it is the task of the sculptor to discover it. I saw the angel in the marble and carved until I set him free. )

ミケランジェロの言葉と通じるものがビジョンクリエイトコーチングにはあります。
すべての人の中にあるビジョンを自由にさせてあげるまで寄り添い、話を聴き、問いかけ、祝福する、それがビジョンクリエイトコーチです。

認定コーチとは

  • ビジョンクリエイトの意味と価値を理解し、ビジョンを引き出すことに可能性を感じて自分のビジョンも磨き続けようという姿勢があるコーチのこと。

認定コーチになったらできること

認定コーチについて

  •  「ビジョンクリエイトコーチ協会認定コーチ」と名刺に明記できる。
  •  得意なフィールドでビジョンクリエイトという切り口でコーチングできる。

企業、教育機関、医療関係、介護関係、子育てなどあらゆる場において、ビジョン(相手の存在意義、相手の価値観、相手が抱く未来のイメージ)を引き出すことは根源的な相手への支援になり深い信頼関係を築くことにつながります。

目標達成のサポートや問題解決といったロービームなコーチングからハイビームなビジョンクリエイトコーチングへと深めることで生まれる可能性は無限です。

認定コーチの更新

三年に一回活動報告を兼ねて認定コーチのセッションを受ける(2時間 3万円)ことが義務付けられています。

協会からのサポート

  • 認定資格を活かして起業したい方への支援をいたします。
→年代別ロールモデルあり(30・40・50・60歳代のコーチが対応します)。
→認定コーチのビジョン(あり方)に沿った起業のアドバイス
Ex.子育て経験を活かしたママのためのビジョンクリエイトコーチング
  介護経験を活かした介護者のためのビジョンクリエイトコーチング
  • 協会の講座の講師への道。
  • 協会が受けた企業や行政、教育機関などのセミナーや研修の講師を担うことができます。その場合、講師料の割合は規定があります。